楽しい大学生の一人暮らし生活を送るために

大学生一人暮らし

 

大学生の一人暮らしというのは、お金は無いもののとにかくお金がほしい、もっと遊びたいという欲求が溢れてきます。

 

しかし、学校があるので社会人のように1日中働けるわけでもない、学校+バイトばかりでは遊びに行けない、遊びに行けないと楽しい大学生活が送れない、といったいろいろ悩むところですよね。

 

そんな中、私が大学時代に実践したコツを紹介します。

 

大学生のアパート選びのポイント

内閣府令和元年度委託調査事業 学生の就職・採用活動開始時期等 に関する調査PDFファイル内閣府

 

駅に近い

 

大学に近いところよりも、最寄駅に近いところの方が良いです。

 

これは、実際私が住んでみて思ったのですが、大学に近いところに重きを置くと、スーパーやコンビニが少し離れており、住みづらかったです。

 

また、アルバイトを始めると、駅から近い方が交通の面でとても楽です。

 

サークルや飲み会など、大学以外にも出かける機会は多く、夜遅く帰ることもしばしばあると思います。

 

その時に、駅から近いと楽です。

 

駅から距離があると、夜遅くだと夜道は危ないし、帰宅するのもとても大変なのです。

 

学校から遠くても、駅から近ければバスや電車などの公共機関も充実しているところが多いと思うので、そこまで通学に苦ではないかと思います。

 

単純に通学が楽だからという考えで選ぶだけでなく、住みやすそうな条件で選ぶことが重要だと思います。

 

大学に近い

 

一人暮らしをするにあったって、住む場所が便利なところにあるというのはとても大切なポイントです。

 

まずは、一番便利な場所は、やは大学の近くです。

 

特に、4年生大学に通う大学生は、住む場所が近くにあったほうがなにかと助かります。

 

というのも、大学3、4年生になると、単位を真面目に取ってきた人は、授業数が少なくなってきて授業と授業の間に時間が空くようになるからです。

 

そうなると、空いた時間をどこでつぶすかということが問題になってきます。

 

お昼もいつも食堂だと、とくに女性は毎回一緒に食べる友人を探すのが憂鬱になる場合もあります。

 

家に帰ってほっとして一人で昼食を取りたい人もいるでしょう。昼寝をしたい場合もあるでしょう。

 

そんな時に、学校から近いというのは大変便利なことなのです。

 

スーパーが近い

 

次に、スーパーが近いというのがポイントです。

 

大学生の食生活は乱れがちです。

 

簡単なもので済ませることも多いのですが、やっぱり食事には気を使った方がいいです。

 

そこで、できれば歩いてすぐいける場所にスーパーがあると大変助かります。

 

スーパーは、夕方になるとお惣菜が割安になったりするので狙い目です。

 

節約もしたい学生にとっては、栄養のあるお惣菜を格安で買うことができるのでとてもありがたいことです。

 

次に近くにあったら助かるのがコンビニです。

 

やっぱり付き合いで夜遅くなったりすることもあります。

 

そんなときにコンビニはなにかと便利で、大学の周辺のコンビニを夜見たら分かるように、学生でいっぱいです。

 

夜に友達とお酒を楽しんだりすることもあるでしょう。お金の節約のために家で飲むことは学生ではよくあります。

 

そんなときに、コンビニがあるとなにかと便利なのです。

 

防犯がしっかりしている

 

私は大学生時代に一人暮らしをしていました。

 

最初はアパートを選ぶときに、大学から近い場所で探していたのですが、だいたいが1Kの部屋でした。

 

ドアを開けたらすぐに部屋という作りだったので、両親が「女の一人暮らしは物騒だから」とセキュリティがちゃんとしているアパートを探すことにしました。

 

幸いにも私は高校を卒業と同時に運転免許も取得して、車も母から譲り受けたので大学から少し離れたアパートでも許容範囲でした。

 

もし車がなかったら、セキュリティにはこだわれず、嫌でも自転車か徒歩で通えるアパートしか無理だったと思います。

 

なので、一人暮らしをするならば、車があるに越したことがないなと思いますよ。

 

そして実際、私が一人暮らしをしたアパートは防犯がちゃんとしている物件でした。

 

外部の侵入を防ぐために、マンションでいう暗証番号つきのエントランス代わりになるものがあり、直接部屋の前までは来れない仕組みになっていました。

 

しかし問題は家賃が高かったことです。

 

そのアパートは一人暮らし用ではなく、家族でも住めるように2LDKだったんですね。

 

一人で住むには広すぎますし、家賃も10万円ほど。

 

親から仕送りは多少貰えましたが、私もバイトしないと生活が出来ませんでした。

 

ですが、世の中かなり物騒になりましたから、女性は特にセキュリティがしっかりしていて損はないと思い、学業とレンタルビデオ屋さんでのバイトをして生活していました。

 

贅沢は出来なかったんですが、おかげでアパートでは安心して生活出来ましたよ。

 

実際、私の大学の女の子が、一人暮らしをしていてちょっとしたストーカー被害に遭っていたんですね。

 

それを聞いたとき、すごく怖かったですし、同時に家賃が高くてもあのアパートに住んでいてよかったと思えました。

 

女性なら特に、防犯がきちんとしているアパート選びをオススメします。

 

お風呂

 

お風呂はほとんどの方が毎日入ると思いますので、かなり重要です。

 

逆に週に3日くらいしか入らなくても平気な方は、風呂なしのアパートにするとかなり家賃を低く抑えることができます。

 

お風呂で注意するところは、ユニットバスかバスとトイレが分かれているかです。

 

ユニットバスのほうが家賃が安いのですが、ユニットバスは不便なところが多いです。

 

ユニットバスは窓がないタイプがほとんどなので、カビ対策が大変です。

 

掃除も面倒くさく、ユニットバスを常に清潔な状態にしておくのはかなり大変です。

 

特に女性にはバスとトイレが別々のものをすすめます。

 

キッチン

 

キッチンはガスコンロが使用できるところを選ぶと良いです。

 

自炊をするだけで生活費を2万円以上抑えることができるので、一人暮らしを安く済ませるためには自炊する事が効果的です。

 

インターネットでレシピを調べることができるので、料理を作ったことがない方でも簡単に一人前だけ作ることができます。

 

料理を作る際にはガスコンロの方がはるかに使いやすいのでオススメします。

 

家賃

 

大学生の一人暮らしで、アパートを借りる時に注意するべきポイントで一番大切なのがお金です。

 

アパートを借りる時に払うお金は家賃、敷金、礼金の三つです。

 

とくに家賃は毎月払い続けていくものですから、見栄を張って高額の家賃のアパートを借りると、あとから支払いが大変になります。

 

無理なく支払える金額の上限を決めてから、アパート探しを始めるとあとで、家賃の支払いに困るということがないので、先に決めておきましょう。

 

アパートは自分の生活の拠点になりますので、自分のライフスタイルに合わせてアパート選びをすると良いです。

 

いきなり不動産屋に行かずまず、まずはインターネットで下調べをしておきましょう。

 

学生向けの賃貸・部屋探し

大学生におすすめアルバイト

大学生歓迎のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

 

進学の際に実家を出てこの春から一人暮らしをスタートするといった人は多いと思います。

 

私自身も大学進学を機に一人暮らしを経験しましたし、人生の中で一度くらいは一人暮らしをしておくべきだと思います。

 

一人暮らしをしてみると、母親のありがたさが身に染みますし、自分でアルバイトをするとお金を稼ぐことの大変さが分かります。

 

実家を出て一人暮らしとなると当然学費も生活費もかかるので、全て親かがりというのではなく一部でいいのでアルバイトをして負担するようにするといいでしょう。

 

ただし、アルバイトは大学生活の空いた時間にするものと考えて選ぶことをおすすめします。

 

飲食店での調理のバイト

 

キッチンで調理補助のお仕事なら別段調理師等の資格は必要ありませんし、長く勤務していたら少しづついろいろな作業を教えてもらえます。

 

そうすればお金を貰いつつ料理の方法をプロから学ぶことが出来るのですからまさに一石二鳥ということが出来ます。

 

それに料理というのは一度基本お覚えてしまえば、あとはレシピを見てどんどんレパートリーを増やすことが出来るのです。

 

またバイト先を選ぶ時に重要なポイントとして、まかない付きもしくは、食事補助がついているバイトを選びましょう。

 

そうすれば食費を大分抑えることが出来るんです。週の半分ほどアルバイトに入ったとしたら、それだけでかなり食費が違ってきます。

 

一人暮らしを実際にして一番困るのは実は料理だと私は思います。

 

掃除がこれまで学校等でも掃除の時間がありましたし、洗濯はいまは洗濯機がボタン一つでやってくれます。

 

しかし料理というのはそういうわけにはいきません。

 

その上掃除や洗濯は数日しなくてもなんとなかりますが、料理は毎日食べないと生きていけないのですから、一番最重要課題なのです。

 

だからそれを調理のバイトをすることでカバーすることが可能です。

 

拘束時間の長いバイトを避ける

 

これが大前提です。

 

給与が良いことに惹かれて結婚式場のバイトに手を出した私ですが、すぐに後悔することになりました。

 

なにせ、丸一日潰れるので、趣味も勉強もできません。

 

拘束時間の長いバイトは当然お給料が高い傾向にありますが、安易な気持ちで始めるのはやめましょう。

 

そのハードさに体力を持っていかれ平日に影響が出る始末。

 

せっかくお金を稼いでも、使う時間がなければ意味がありませんが、完全に生活費飲みに当てると言う場合には向いていると言えます。

 

学内バイト

 

多くの学校では、外部から講師を招いてセミナーを開催したり、オープンキャンパスで大々的なイベントを行っているはずです。

 

会場設営や資料作りなど、イベント準備のバイトの募集がかかったらチャンス! すかさず申し込みましょう。

 

下手なバイトに手を出すより安心ですし、慣れた環境なので効率的に立ち回ることができます。

 

また、大学によってはゼミや教授の手伝いを日頃から募集しているケースもあります。

大学生の一人暮らしのコツ

大学生の一人暮らしのコツ

 

自炊をする

 

実家から出て、一人で身の回りのことをするというのは思った以上に大変なことかもしれません。

 

特に食事を作るのは大変です。

 

私も最初は料理などほぼしてこなかったので、ネットからレシピを探し、見よう見まねで毎日必死に作っていました。

 

そこで念頭においていたのが、楽しみながら作るという考えでした。

 

うまく作ったりしたのを友人とメールで写真を送り合いながら、成果をお互い褒めたりして楽しんでいました。

 

楽しくなると続けられたので良かったと思います。

 

乱れがちな栄養バランスですが、最近では業務スーパーなどでカット済の冷凍野菜などが安価で手に入るのでぜひとも活用しましょう。

 

バイトでうまく食事代を浮かせる

 

だいたいの方は大なり小なり仕送りをもらっていると思います。

 

このもらった仕送りをいかに減らさないかを考えていく事で、お金に余裕が出るか出ないかが変わってきます。

 

生活上必ず必要になるのが食費ですが、この点についてはまかないの出るバイトでうまく食事代を浮かせました。

 

私は掛け持ちでバイトをしていたのですが、だいたいはまかないの出る飲食店を選んでいました。

 

まかないの制度があるバイトでも、出る出ないは「1日の中で何時間以上働かないといけない」といった規定があると思います。

 

ですので、まかないを出してくれる時間数分は少なくともシフトに入っていました。

 

休みの日には午前がバイトA、夕方からバイトB、といったように昼食代と夕食代を浮かせていました。

 

バイトでの時給も入るので、一石二鳥というわけです。

 

先輩大学生の一日|大学生協の一人暮らしスタートガイド

 

近隣の友人と仲良くなる

 

また、友達はなるべく近くで下宿している人と仲良くなっておくといいと思います。

 

自宅から通学している友達ももちろん大切ですが、下宿生はそれぞれ一人暮らしの大変さを分かっているので、飲みたい時には誰かの家に集まって宅飲みなど遊び方にも節約術が入ってきます。

 

また、食事の材料が足りなくて困った時に分けてもらったりもでき、お互いに助け合って生活をしていると実感できました。

 

学業、アルバイト、友人関係といろいろ忙しいのが大学生ですが、下宿は自分の生活力を養ういい経験になります。

 

ぜひこのように自分なりのやり方で、楽しい大学生の一人暮らし生活を送ってほしいと思います。

 

友達の溜まり場にならないようにする

 

最後に気をつけなければならないのは、友達たちの溜まり場にならないようにすることです。

 

大学生の一番の目的は学ぶことであり、それをないがしろにはできません。

 

もしたまり場になってしまったら、遊んでばかりで全く勉強をしなくなってしまう危険もあります。

 

大学生の一番の目的を忘れずに一人暮らし生活を満喫しましょう。

仕送りをしてもらう前に

初めての一人暮らし。

 

胸が高鳴るに違いありません。

 

と、その前に生活費は両親からの仕送りですか?

 

両親に仕送りをしてもらうケースが多いかと思いますが、一体自分が生活をするににどのくらいの費用がかかるのかおおよそでも検討がつきますか?

 

仕送り金額が決まってしまう前に、以下のことを考えてみましょう。

 

生活費

 

・家賃

 

→都心か地方かで大きくことなります。

 

平均では約7万円です。

 

・食費

 

→1日500円に抑えても1万5000円です。

 

・光熱費

 

→電気代、ガス代、水道代 (合わせて平均約1万円)

 

・通信費

 

→携帯代、インターネット接続料(携帯代はスマートフォンだと約7千円)

 

・雑費

 

→細々したものですが、洗剤、ティッシュ、トイレットペーパー、シャンプー、意外とかかります。

 

・交際費

 

→飲み代

 

・医療費

 

→これも意外とかかります。

 

風邪で病院にかかると約2千円です。

 

ドラッグストアなどで買う薬も思ったよりも高額です。

 

一度見てみると良いでしょう。

 

大きくはこのくらいだと思われます。

 

バイト

 

このうち、自分のバイト代でどこまでまかなえるか考えてみましょう。

 

時給800円のバイトだと、1日に6時間、週3日で約6万円です。

 

このくらいだと学業にも遊びにも負担なく稼げる金額だと思います。

 

ちなみに筆者は、学生時代、塾と家庭教師とコンビニのバイトを掛け持ちして13万円ほど稼いでいましたが、就職活動などは到底できない状況でした。(大学にほとんど行かなくても単位が足りている状況であれば別だったと思いますが。)

 

以上のことを考えてみるとおおよそ両親に仕送りしてもらう必要のある金額が導き出せるはずです。

 

そしてもちろん、ご両親にも説得して納得してもらうのを忘れずに。

失いがちなリズム

大学への入学とともに親元を離れて、晴れて一人暮らしという方が多いかと思います。

 

そして初めて完全な自由を手に入れることができるのもこの時期かと思います。

 

全てが自分の思い通りにできるようになる反面、多くの問題を伴うようになるのも大学生の一人暮らしの生活というものです。

 

高校までの生活であれば、否応なく親からの干渉がありました。

 

ご飯の時間や風呂の時間、洗濯や掃除など、家族の行動にある程度合わせなければなりませんでした。

 

それが一人暮らしになれば全て自分で決めるようになります。

 

好きなものを好きな時に食べ、好きなようにものを置き、生活をしてゆく。ここに一定のリズムを見いだすことができれば問題はありません。

 

生活をする上では万事うまくゆくでしょう。

 

しかし、それが上手くいかないのが大学生の一人暮らしというものです。

 

偏った食生活、不衛生な部屋、不規則な就寝時間これらは体のリズムを壊してゆきます。

 

大学に行けば周りは授業をサボって遊びにゆきます。

 

夜のバイトは時給もよく、楽なものもあります。

 

そして夜型に、そして大学の授業をサボるようになんて具合に生活リズムは簡単にずれてゆきます。

 

だからと大学生の一人暮らしを批判するのではありません。

 

大学生の一人暮らしはさまざまなことを体験し、気づくチャンスです。

 

うまく料理ができないことや、洗濯、掃除の面倒くささとそれをやってくれていた親へのありがたみを感じるチャンスなのです。

 

人の意思は簡単に下へ下へと向いていってしまします。

 

大学生活では初めて自由を手に入れます。

 

自由は素晴らしいものです。しかしながら自由には責任が伴います。

 

自由になんでもできるからこそ様々なことに機を配り自分を律しなければなりません。

 

そしてさまざまなことを体験し、成長した姿を帰省時に親に見せることができるようになる環境も大学生の一人暮らしがあればじこそなのです。

一人暮らしなら持ってて欲しい!新生活おすすめ便利グッズ。



TOPへ